古物商免許と営業許可の申請、取得、代行

古物商免許と営業許可申請

古物商免許と営業許可の申請をサポート。古物商免許の許可申請手続代行。そのビジネスに古物商免許は必要ありませんか?

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  面談予約 |  特定商取引法に基づく表記
古物商免許と営業許可申請 TOP > 古物商許可申請 > その他の必要書類


その他の必要書類

警察署によっては、次の添付書類が必要になりますので、事前に確認してください。


1、営業所の使用を疎明(そめい)する書類 営業所の賃貸契約書の写し、営業所の使用承諾書
2、略図、見取り図 営業所周辺の略図、営業所見取り図
3、URLの使用権限を疎明する書類 ブロバイダ発行の通知書等


1の営業所の使用を疎明する書類
営業所があり申請をする場合、その営業所を使用できるかどうかの確認をするために提出を求められることがあります。


○営業所を借りている場合
賃貸借契約書のコピー
使用承諾書
※契約書がなければ使用承諾書 店舗の所有者、ビルの所有者に、営業所として使用してよいか承諾を頂く書類です。
大家さん(もしくは管理不動産会社)の署名押印が必要です。警察署によって雛型は異なるようですが、制限のないところが多いです。まずは、管理不動産会社に問い合わせてみましょう。


○営業所が自宅の場合
自宅など、申請者が所有している建物を営業所として使用する際、次のものが必要になる場合があります。


建物の権利証のコピー
建物の所有者が申請者ではない場合、所有者の使用承諾書


【略図・見取り図】
営業所周辺の略図や営業所の見取り図の提出を求められることがあります。

1.営業所周辺の略図

営業所周辺の略図は、自身で作成することは大変です。ゼンリンなどの地図をコピーして提出する場合は、複製許諾証が必要です。これは、最寄りのゼンリンの支店で購入できます。1枚210円です。身近にゼンリンの地図が無い場合は、ゼンリンのサイトからでも、支店からでも、地図のコピーを取得することができます(有料)。


2.営業所の見取り図
簡単な事務所の平面図になります。賃貸物件であれば、不動産屋にコピーを頂くとよいでしょう。
面積を求める程、細かい記載は必要ないと思いますので、ご自身で簡単に作成されてもよいでしょう。


【URLの使用権限を疎明する書類】
ホームページを用いて営業をする場合には、URLを公安委員会に届けなければいけませんが、そのURLの使用権限を確認するために、提出を求められます。これは、「ブロバイダからURLの割当てを受けた時に送られてくる通知書」のコピーを提出すればよいでしょう。


わからなければ、プロバイダに問い合わせた方が早いと思います。